幼児の口臭の原因とは?解決策は?予防法って?

妊娠・出産・育児

かわいい我が子。

歯磨きもしているはずなのに、最近口が臭い気がする…。

大人でもないのに、口臭?

保育園や幼稚園でお友達に指摘されるかもしれない。

幼児の口臭の原因って、何が考えられるのでしょうか。

解決策や予防法と併せて紹介します。

スポンサーリンク

幼児の口臭の原因は何が考えられる?

幼児でも口臭がすることはあります。

考えられる原因はいくつかあります。

まず、磨き残しや虫歯のある場合です。

筆者が子どものころにも思い当たる節がありますが、

歯磨きとはめんどくさいものでした(^^;

力の入れ具合も良く分からず、うまく磨けていなかったと思います。

仕上げは親御さんが行うのが良いですね。

また、蓄膿症(副鼻腔炎)の場合も口臭がします。

お子さんは鼻が詰まっている感じではないですか?

鼻が詰まっていると、どうしても口呼吸が増えてしまい、

口腔内の乾燥から口腔の菌のバランスが崩れてしまいます。

それが口臭の原因となるのです。

そして、可能性としては低くなりますが、便秘が原因のこともあります。

消化器系の調子が悪いと、ガスとして口から排出されるので、

口臭がキツくなります。

幼児の口臭の解決策とは?

歯磨き不足や虫歯の場合は、歯医者へ行きましょう。

歯磨き嫌いの子どもへ向けたアドバイスも聞けるかもしれません。

虫歯は放置すると、口臭どころではなく歯を失う原因にもなりますので、

定期検診を行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

次に鼻詰まりが考えられる場合は、耳鼻科へ行きましょう。

最近は「小児耳鼻科」専門の医院もありますので、

お近くの場合は利用されてみてはいかがでしょうか。

もちろん普通の耳鼻科でも大丈夫です。

治療もしくは手術で、口臭は改善されます。

便秘などの消化器系の不調が考えられる場合は、小児科で相談されてみてください。

何かの疾患のサインかもしれません。

早めの対処が何よりも重要です。

幼児の口臭を予防しよう

日頃から出来る対策を挙げます。

まずは、歯磨きの仕上げ磨きを大人がすることです。

子どもだけでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。

また、子どもの歯は密集して生えているので、

歯間ブラシなどですき間もキレイにしておきましょう。

舌の汚れ(舌苔=ぜったい)も、口臭の原因となります。

舌の状態も見ておいてください。

ただし、舌磨きはやりすぎは良くないので、ほどほどに^^

そして、風邪をひいたあとなどは、蓄膿症になりやすいので、

鼻詰まりも日頃から気にして見ていてください。

つまり、全体的に、子どものフォローをキチンとしよう、といった感じになります。

まとめ

筆者は、上の子の口臭に悩んでいました。

気にしだしてからは、歯医者、耳鼻科と医院をハシゴしました。

たかが口臭、されど口臭。

解決すると非常にスッキリいたしました。

数日で改善することもあります。

悩むより病院の受診をお勧めします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました