幼児に漢方薬を飲ませたい!水?食品?向いている食品とは?

妊娠・出産・育児

幼児が風邪を引いて病院を受診し、 漢方薬を処方してもらう―――。

多くはないかもしれませんが、他の薬との飲み合わせなど

何らかの理由で漢方薬が処方されることもあります。

我が家のかかりつけの小児科の1つは漢方小児科です。

体質改善の狙いもあって、たまに通います。

しかし、漢方薬の多くは苦くて飲みにくい粉薬。

そこで、何とか幼児に漢方薬を飲ませるための 我が家の試行錯誤の成果を紹介します。

スポンサーリンク

幼児に水で漢方薬は飲める?

まず、そもそも幼児に漢方薬なんて飲めるのか?

といった疑問がわきますが、結局『飲める子もいれば飲めない子も多い』です。

大人でもそうですが、水で飲む場合、

水を先に口に含む場合にしろそうでないにしろ

結局はお薬を口にそのまま入れなければなりません。

ダイレクトに粉薬の苦みがくるわけです。

大人でも苦手な人がいるので、幼児ではなおさら飲みにくいでしょう。

我が家の幼児も例に漏れず、この方法では飲めません。

食品と混ぜて漢方薬を飲ませる方法

我が家の幼児は、食品と混ぜて漢方薬を飲みます。

そのような飲み方で大丈夫なのか、と不安を覚える方もいると思いますが、

この方法は、漢方薬を処方してくれた医師も 調剤薬局の薬剤師さんも勧めてくれた方法です。

漢方薬に限らず、お薬と一緒に食べるゼリーがありますよね。

薬局やドラッグストアでも販売されています。

そのような服薬専用のゼリーを活用するのもおススメです。

子ども用には多くの味が用意されています。

スポンサーリンク

苦い漢方薬にはチョコ風味のゼリーがお勧めです。

また、市販の食品に混ぜることもできます。

混ぜるのに向いている食品とは?

市販の食品で向いていると言われるのは、甘みの強い食品です。

お勧めできないのは、主食と混ぜて飲ませるやり方です。

どうやっても多少は苦いので、主食を「苦くて嫌い!」になってしまっては困ります(^^;

混ぜるのに適した食品としては、

■アイスクリーム

■ゼリー(服薬用でない)

■ジャム

■練乳

などがおススメです。

この中で我が家の幼児が問題なく飲めたもの、

それは 『アイスクリーム(チョコ味)』です。

さまざまな方法を試しましたが、チョコアイスが一番でした。

チョコの濃い味とアイスの冷たさで、漢方薬の苦みが何だかよく分からなくなるみたいです。

※あくまで筆者の子どもの場合です。

あとコツとしては、飲ませる際に 『お薬は特別』『怖いものじゃない』と言って

気分を上げさせるのも効いたと思います。

今では我が家の子どもたち、お薬を飲むのをとても喜びます(笑)

まとめ

小さな子どもは、しょっちゅう体調を崩します。

そしてお薬を処方されることも大人より格段に回数が多いものです。

子どもの嫌がらない飲み方を開発するまでに

たくさんの大変な思いをすると思いますが、

医師や薬剤師と相談しながら、適した飲み方を見つけてあげてください。

またお薬と相性の悪い食品もありますので、

飲ませる前に必ず医師や薬剤師に聞いてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました