オセロを手作りしてみた。材料はすべて100均で!写真で解説

完成!! 妊娠・出産・育児

みなさん、おうち時間をどうお過ごしですか?

我が家は小学生を筆頭に小さい子が3人おり、毎日賑やかです。

みんなで楽しく過ごそうとボードゲームを購入予定でしたが、

到着予定が1か月後になるとのことで、この際、作ってみることにしました。

今回挑戦したのは、みなさんご存じ『オセロ』です。

スポンサーリンク

材料をそろえよう

筆者のイメージするオセロは、駒?が磁石になっていて、盤にペタッとするタイプです。

駒という言い方が正しいのか調べてみたら、あれ『石』と呼ぶそうです。

囲碁と同じ感じですね。なるほど。

話を戻しましょう(^^;

石は磁石で代用できそうです。盤は、おせんべいのカンカンがあったら使えそう。

盤の上のほうにマグネットシートを貼れば…よし!行ける!

と、頭の中で予想図を作って、材料を揃えに100均に行きました。

買った材料。

買ったもの

結局、家にはおせんべいのカンカンは無かったので、収納ボックスを購入しました。

以下、買ったものです。

◆収納ボックス(箱+ふた)

◆ホワイトボード(マグネットがくっつくタイプ)

◆シールシート(白)

◆マグネット(64個必要です)

 20個入がありましたので、3つ購入。←のちに後悔します。

 この時点で4つ足りませんが、家にあるものでどうにかしようと考えていました。

◆緑のラッピングバッグ(不織布)

お店はCan☆Doです。

作ってみよう

1.ホワイトボードの縁を引きはがします。

  使うのは、この白い薄い鉄板みたいなやつです。

  マグネットシートを使わなかったのは、お店で試してみたときに
  
  マグネットの吸着力が弱く感じたためです。

2.収納ボックスのふたのサイズにあわせ、正方形に成形します。

薄い鉄板の成形

  マスキングテープで留めてます。あとから見えなくなるので貼り方は汚くても大丈夫です。

  薄い鉄板みたいなやつは工作用ハサミで切ることができます。

  切り口は鋭利なので、十分に気を付けてください。

  特に、小さい子が勝手に触らないようにしてくださいね。

3.ラッピングバッグで盤っぽくします。

スポンサーリンク

覆うふたに貼る

  二重にすると、色の濃さもいい感じになりました。

  これをふたにボンド等で固定します。

4.石を作ります。

  磁石の出番です。

  こういうの↓があれば、このまま使えてとても良いです。

マグネット

  ただ、確か100均セリアで6個で100円だったので、64個揃えるとなると…です。

  20枚入りの強力磁石。触ると手が黒くなります。想定外です。

  片面だけ白いシールシートを貼ろうと思っていましたが、

  全体的にセロテープ的なもので覆った方がよさそうです。

石

  苦心した結果です。

  ちなみにこの磁石、普段は64個揃えて収納しますが、強力な磁場が発生しているので

  スマホやPCなどに近づけないように注意してください。

5.盤に線を引きます。

  油性ペンで線を引いたら、完成です!!

完成!!

感想

さっそく使ってみます!

盤に石がくっつく感じが、既製品みたいでいい感じです。

小さめサイズなので、子どもたちの小さな手にも違和感なく馴染んでいるようです。

ルールも単純明快なので、楽しんで遊んでくれています。

後悔ポイントを挙げるとすれば、磁石が強力すぎたことです。

うまく置かないと、隣同士でくっつきたがります。

ボックスの中にほかのおもちゃを収納することができます。

どこかに行きがちだったジェンガとトランプも収まりました。

おもちゃ収納に

まとめ

子どもと作ろうと思っていましたが、自分で工程をややこしくしてしまったために

結構な過程を個人プレーで作ってしまいました。

結果として出来上がったので良かったです。

今度は、作る工程から一緒に楽しめるものに挑戦したいと思っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました