マイナンバーカードのポイント還元って何?期間は?発行は間に合う?

生活

『最大5000円分のポイント還元!!』と話題のマイナポイント。

還元率25パーセントという飛びぬけた数字が魅力的ですね。

ところでないなマイナポイントって、どうやったらゲットできるのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク

マイナンバーカードのポイント還元事業とは

マイナンバーカードのポイント還元事業、『マイナポイント事業』といいます。

普及の進まないマイナンバーカードの普及、

そしてキャッシュレス決済の基盤の構築を目的とする事業です。

具体的には、マイナンバーカードを取得した後に『マイナポイント』というサービスにて

予約して『マイキーID』を取得し、マイナポイントの申し込みをします。

マイキーIDの取得=マイナポイントの予約完了です。

マイナポイントをどこで予約するのか、については

◆お持ちスマホ(公的個人認証サービス対応のスマホ)
 ↓
マイナポイントアプリをインストールします

Android版、iPhone版があります。

◆公的個人認証サービス対応のICカードリーダライターがあるパソコン
 ↓
マイキーID作成・登録準備ソフトをインストールします

◆市役所や区役所のマイナポイント・サポートコーナー

必要な端末を持っていない人や操作の仕方がよく分からない人は、

各市役所・区役所等の「マイナポイント・サポートコーナー」(旧「マイキーID設定サポートコーナー」)で

マイキーIDの取得ができます。

※ご利用には

①マイナンバーカード

②マイナンバーカードの受取り時に設定した数字4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書暗証番号)

が必要となります。

マイキーIDを取得(=マイナポイントの予約完了)できたら、そのままマイナポイントの申し込みへ進みます。

ここで、マイナポイントの還元を受けるサービスを選びます。

※事前登録が必要なサービスもあります。

コチラでご確認ください。(2020年7月1日現在)

※役所などの端末では楽天ペイ・楽天カードについては登録ができません。

スポンサーリンク

 決済サービスアプリからのみ申し込み可能です。

※端末によって、申し込み可能なキャッシュレス決済サービスが異なります。

コチラでご確認ください。

ちょっと複雑ですね。

マイナポイントはキャッシュレス決済サービス事業者のポイントとして付与されるので、

自分で業者を選択する必要があります。

『nanaco』『WAON』『PayPay』その他交通系ICカードなどです。

どの業者があるかはマイナポイント事業のホームページで確認ができます。

キャッシュレス決済サービス検索

一度決めたら変更はできないので、事前にしっかり決めてから申し込みをしましょう。

簡単に流れをまとめると…

①マイナンバーカードを取得する

②マイナポイントで予約する(マイキーIDの発行)

※マイキーIDを使って、マイナポイントを申し込むことができます。

③マイナポイントの申し込みをする

※ここで還元先を選ぶのですが、一度選ぶと変更できないので慎重に選びましょう。

還元先は実にさまざまで、有効期限があるものや、送金や口座への払い出しができるものなど、

それぞれの特色があります。

最大5000円分の還元があるので、自分の生活様式にあった還元先を選んだ方がいいですね。

ポイント還元の期間は

このポイント還元事業には期間が定められています。

まず、マイナポイントの予約はすでに受付が始まっていて、

受付期間は ~2021年3月末です。

そしてマイナポイントの申し込みもこの7月から始まっていて、

2020年7月~2021年3月末

マイナポイント取得は

2020年9月~2021年3月末

となっています。

マイナンバーカードの発行は間に合うのか

特別定額給付金の際にも大勢の方がマイナンバーカードの申請を行ったようですね。

通常であれば申し込みから1か月ほどでマイナンバーカードは取得できますが、

今の状況を鑑みたら、2か月ほどかかることもあるようです。

どちらにしろ、なるべく早く申し込んだ方が良さそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました