浴衣デートでの注意点!着崩れの直し方は?便利な裏技小物とは?

季節の行事

花火大会など、浴衣の似合う季節になってきました。

張り切って浴衣デートを計画している方も多いでしょう。

そんなときの注意点や、もしも着崩れした際の直し方、

あると便利な小物などを紹介します。

スポンサーリンク

浴衣デートでの注意点とは

普段、着物を着慣れている人でない限り、浴衣であろうとも簡単に着られるものではありません。

最近は上下に分かれていて気安く着られるものや、飾り帯を後付けするタイプのものなどもあります。

どのタイプの浴衣を選ぶかは自由です。

普通の浴衣に挑戦してみたら、自信にも繋がりますし、旅館などでも迷うことも少なくなります。

普通の浴衣でも、着方を調べたら一人で着ることが出来ます。

参考サイト→ゆかたの着付け

写真付きで分かりやすいです。

ここはひとつ、普通の浴衣に挑戦してみるいい機会かもしれません。

ただ、筆者の経験から言うと、練習は必須です(^^;

そして、やはり着慣れない浴衣。そして草履。注意しなければならない点はいくつかあります。

・内股、小幅で歩く!

洋服とは違い、内股で小さな歩幅で歩かなければなりません。

うっかりガニ股・大股で歩いてしまうと、着崩れの原因となります。

・草履でマメが出来る

これは仕方がないことなので、事前準備が必要です。

事前に一度だけでも履いて近所などを歩いておいて、はき慣れておくのはもちろんのこと、

鼻緒周りなどを絆創膏でガードしておきましょう。

予備の絆創膏も多めに用意しておくと、安心です。

・首周りを詰め過ぎない、開け過ぎない

詰め過ぎると苦しそうですし、開け過ぎるとだらしなく下品に見えます。

また、うなじのケアも忘れずに!

スポンサーリンク

浴衣デートで着崩れしたら?

もしもデート中に着崩れてしまったら、こっそり、でもちゃんと彼に申告しましょう。

休憩を取ってもらって、きちんとお直しして下さいね。

この際も、どうやってお直しするのかは下調べしておくとスムーズです。

その場で慌てて検索しても、焦っている時ほど目当てのサイトは見つからないものです。

不安であれば、着崩れの直し方をプリントアウトしたものをコッソリ持ち歩く、という手もあります。

浴衣は、意外とサッとお直しできるものです。

どのようにしてお直しをするのか、事前に練習しておきましょう。彼を待たせずに済みます。

浴衣デートで使える便利な裏技小物とは?

まず前提として、いつもの大きなバッグで着物デート、なんてことは止めましょうね!

浴衣に合う和柄の巾着、がま口バッグなどがステキですね。

荷物は少なめ、が鉄則です。

いつもの分厚いお財布はお休みして、小さなお財布で出かけましょう。

ハンカチも和柄か、手ぬぐいでも良いですね。

浴衣の帯に扇子を忍ばせるのも趣がありますね。

と、ここであると便利な物を紹介します。

ずばり、『洗濯ばさみ』です。

トイレの時に、すそをがばっと持ち上げて、おはしょりなどに留めておくのに使えます。

着物を着るとトイレは敬遠しがちですが、浴衣程度なら着崩れても自分でキレイにお直し出来ますので、

我慢せずに洗濯ばさみと共にトイレに行ってください。

さいごに

浴衣など、和服だといつもと勝手が違います。

女性は何日も前から浴衣を探して、髪型も考えて…と結構苦労して、そして楽しもうとするわけです。

しかし男性がその苦労を理解するわけでもなく、また勝手が違うことも分からない方が多いようです。

きちんと勝手が違うことを説明して、ケンカすることなく二人で楽しい思い出を作って下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました