とびひって何?どんな症状?どうやって治る?とびひ体験記

妊娠・出産・育児

子どもの病気やけがの話でよく聞く『とびひ』。

名前は知っているけど、実際はどのようなモノなのでしょうか?

我が子が実際に罹ったときの体験記と併せて紹介します。

スポンサーリンク

これってとびひ?とびひって何?

子どもが虫刺されをかきむしっていたら、傷が真っ赤になったり化膿したり、

時にはぶつぶつに水泡も出来てきた!

なんてことありませんか?

子どもは痒がるし、化膿したものが広がってるし…。

それは、おそらく『とびひ』です。

とびひとは、皮膚に細菌が感染するためにおこる皮膚炎です。

感染する細菌によって数種類ありますが、総称して『とびひ』と呼ばれます。

『火事の飛び火ように広がるようす』から『とびひ』と呼ばれるようになったそうです。

虫刺されやアトピー、ひっかき傷によって皮膚のバリアが崩され、

そこに細菌が感染してとびひとなります。

我が子がとびひに!どんな症状?

筆者の子どもは、皮膚が弱いこともあってか、これまで数回とびひになりました。

いまも、まさに治療中ですので、体験記として紹介します。

画像は、かなり症状が落ち着いてきた頃です。

スポンサーリンク

とびひになると、いろいろ制限も出てきます。

痒がる子どもに、患部を掻かせないようにするためにガーゼでガードする必要があります。

また一日に数回、塗り薬を塗ります。

夏など暑い季節は水遊びをさせたいところですが、これも我慢させざるを得なくなります。

塗り薬を2種類重ね、そこを包帯で覆っています。

今回は両腕・両足・お尻だったので、包帯でぐるぐる巻きにされた我が子を連れて

スーパーに買い物に行くのは、人目が気になって落ち着きませんでした(^^;

とびひの対処法は?処方されたものは?

対処法は、医療機関の受診が基本です。

筆者の子どもの場合は、

■ビスダーム軟膏

皮膚の炎症を抑える塗り薬

■アクアチム軟膏

細菌を殺し、感染を治癒する塗り薬

■抗生剤(小児用・飲み薬)

の3種類の薬が処方されました。

また生活面でも注意することがあります。

まず集団生活の場合、医師の判断によっては登校・登園が停止になります。

とびひの部分がガーゼや包帯で覆われる程度で、

体液も染み出ていない場合は、登校・登園の許可が出ることもあるようですが、

どちらにせよ医師の判断を仰ぐ必要があります。

またプールは完全に禁止です。

肌の接触やプールの遊具を介しての感染が予想されるためです。

さらにお風呂ですが、湯船に浸かることは避けたほうが良いです。

順番も、なるべく家族の中で最後が良いですが、

筆者宅では家族の生活時間の都合上、子どもは一番風呂です(^^;

きちんと治療をすれば、一週間もすれば症状は落ち着くようです。

まとめ

夏場に多くなるとびひ。

見た目もかゆそうですし、気を抜くとあっという間に全身に広がってしまいます。

治療中は気が抜けませんが、正しく対処して、きちんと治療しようと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました