恋が叶う恋木神社とは?お守りはどんな物?初詣の渋滞は?

季節の行事

福岡県に、恋が叶う『恋木神社』があります。

いったいどんな神社なのか、お守りやおみくじは特殊なものなのか、

初詣の渋滞情報などを紹介します。

スポンサーリンク

恋木神社とは?

恋木神社(こいのきじんじゃ)とは、福岡県筑後市にある神社です。

九州二大天満宮の一つで、菅原道真を祭神とした水田天満宮の

末社として建立当初より鎮座し、

御祭神は「恋命(コイノミコト)」を祀り全国でも珍しく、恋木神社は一社のみです。

太宰府に左遷された菅原道真公が、遠く離れた家族を思う心を慰めるため、

水田天満宮の一隅に小さな祠(ほこら)を建てたのが始まりといわれます。

それがいつしか恋の神様として広く知られるようになりました。

良縁成就の神様、幸福の神様として、特に若者たちに篤く信仰されています。

女性の参拝客が多く、筆者が訪れた際も多くの女性でにぎわっておりました。

水田天満宮の境内に鎮座する恋木神社に続く参道は『恋参道』と呼ばれ、

ハート型の陶板が敷き詰められています。

鎌倉時代から続く歴史ある神社ですが、ハートが満載の非常に愛らしい見た目となっています。

恋木神社のお守りやおみくじ

上述したように、恋木神社はハートのデザインで溢れています。

神殿の紋やお守り、おみくじ、絵馬にも

ハート型のデザインが使われていて人気を博しています。

恋のお守りも可愛らしいデザインで、

ハート守(陶器)、カード恋木守、しあわせ守、

恋木守、貝守、恋むすび、恋守、クリスタルハート守などがあります。

スポンサーリンク

いずれも7~800円程です。

陶器で出来たハート守は、地元で焼かれたものです。

色味も形も可愛らしいですよ。

おみくじは、10月、11月、2月、3月は色がピンク色になります。

おみくじを結ぶときにハート型になるように折り方まで解説してあります。

おみくじは、よくある文語体ではなく、話しかけるような口語体なので分かりやすいです(^^)

毎年3月3日、11月3日は良縁成就祭が行われ、この日だけの特別なお守りが授与されます。

また7月7日は恋むすび祭が行われ、願い事を書いた『むすび短冊』が奉納されます。

上記のお祭りはいずれも多くの参拝客で境内は賑わいます。

恋木神社の初詣の人出や渋滞状況は?

恋木神社は水田天満宮の境内にある神社のうちの一つです。

車の場合は、水田天満宮の駐車場に駐車します。駐車場は100台で、無料です。

初詣の参拝客は約2万人です。

午前中のうちは駐車場が満杯で入れないことはないようです。

警備員さんがいらっしゃるので、指示に従いましょう。

周辺道路に目立った渋滞の発生はありませんが、

時間に余裕を持ってのお出かけをお勧めします。

まとめ

恋木神社は、恋愛に関することだけでなく、『良縁』を結ぶ神様です。

ご家族で参拝するのも楽しいかと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました