集団検診に兄弟姉妹を同行の注意や持ち物や待ち時間を減らす方法

マナー

定期的に自治体で行われる乳幼児の『集団検診』。

自治体によって、行われる月齢は様々です。

事情によって、対象児の兄弟・姉妹児を同行する場合もあります。

そんなときの注意や持ち物、

さらに待ち時間を減らす方法を紹介します。

スポンサーリンク

集団検診に兄弟・姉妹を同行させるときの注意

筆者は最近、立て続けに上の子の集団検診、下の子の集団検診と

済ませてきました。

どちらにも下の子・上の子を同行しました。

こういう時にはいつも義母が助けてくれるのですが、

どうしても都合がつかなかったのです。

一時預かり保育も考えたのですが、集団検診は13時~14時受付。

子どもはいつもだったら昼寝の時間。

とても中途半端になってしまうし、なにせ割高感があるので、

利用しないで頑張ろうと思った次第です。

こういった場面で誰かに迷惑をかけてしまう可能性があるのは

歩き・走り回れる上の子でした。

まず上の子には、「走らない」「騒がない」を約束させます。

どうしても2人以上の子どもを持つと、

一人目の小さな時より、考え方が大雑把になってしまいがちです。

しかし、健診に来ている周りの人は、

初めての子どもを連れてきている場合も多々あります。

上の子が走っていたりウロウロ騒がしくしていたら、

不快な気持ちになってしまいます。

しかし「上の子」とはいっても未就園児のことも多いはず。

言っても聞いてくれないです。

これを機会に、「こういった場での過ごし方」を教え込んでみましょう。

「小さい子を抱えている人がたくさんいる。

走り回ったらぶつかってしまう。

大声を出したら小さい子がびっくりしてしまう」

めげずに、何度も注意しましょう。

危ない場面があったら、即刻言って聞かせます。

誰かに迷惑が掛かってしまった場面があったら、

すぐに子どもと一緒に謝りましょう。

元気でやんちゃな子を連れてきている人は結構います。

みなさん同じような思いできょうだい児を連れてきています。

ガチガチに構えて行く必要はあまりないと思います。

集団検診にきょうだい児を同行させるときの持ち物

まず、自治体に電話で確認してみてください。

スポンサーリンク

保健センターなどが会場の場合、

キッズスペースがあるかもしれません。

おもちゃは無くとも、絵本が用意されている場合もあります。

また、保健師も多い人数で待機していて、

きょうだい児の相手をしてくれる場合もあります。

おもちゃを持って行くのは大変ですし、

おもちゃによっては他の子の気を引いてしまって、かえって迷惑な場合もあります。

シールブックをたくさん持ってきているママ2人組に出くわしたことがありますが、

長椅子を幼児二人で占領し、

順番で名前を呼ばれてもシールブックを離さず動かず、

物は使いようなんだなぁ…と感じました。

この場合は、シールブックがどうこうよりは

幼児をほったらかしている母親たちの方に問題ありですが。

手遊び歌なんかで気を紛らわせるのが

何も準備がいらないのでスマートだな、と思います。

集団検診を待ち時間少なく済ませる方法

なぜか集団検診って午後からの自治体が多いですよね。

午前中に業務が集中しているのでしょうね。

しかし、幼い子どもにとっては厳しい時間帯です。

なるべく早めに済ませたい…。

筆者の住む自治体の集団検診の受付時間は13時~14時です。

しかし、実は12時から受付が始まっています。

受付は先着順で、受付がすんだら13時より少し前に

戻ってくればいいことになっています。

これは、健診の案内にも書いてありません。

筆者は近所に住む友人が教えてくれました。

なので、最初の方に受付されて、待ち時間もほとんどなく

スムーズに検診が終わります。

自治体の保健センターに確認したら、

こういった早めの受付時間を教えてくれるかもしれません。

SNSで情報を募る方法もあります。

先輩ママというのは、本当に頼りになる存在です。

公園や支援センターで先輩ママに尋ねてみると、

生きた有益な情報が入手できる可能性が高いです。

これは集団健診に限らず、幼稚園情報なんかにも通ずる話です。

まとめ

子どもの成長は微笑ましく、楽しみです。

そのための集団検診が、憂鬱になってしまうのは悲しい話です。

上手く準備して、スマートに乗り切りましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました