食べづわりで辛い時の対策とは?食べ物や過ごし方

妊娠・出産・育児

お腹の中の、待望の命――――。

幸せいっぱいのはずなのに、つわりで辛い。

多くの方は妊娠中期には終わるつわりも、

中には妊娠後期・出産まで続く場合もあります。

そんな辛いつわりを乗り切る方法を紹介します。

スポンサーリンク

自分の悪阻(つわり)のタイプを知ろう

つわりの症状は100人いれば100通りあるといわれます。

おおまかに、いくつかに大別されます。

【食べづわり】

何かを口にしていないと気持ちが悪くなる。

食べ物なら何でもよい場合と、特定の食べ物しか受け付けない場合とがある。

【吐きづわり】

常に吐き気をもよおす。

気持ちが悪く、水も飲めない場合もある。

二日酔いの状態が24時間続いている感じ、と評される。

【においづわり】

特定のにおいや、強いにおいがダメになる。

良く知られているのが、「ご飯の炊けるにおい」や

「パートナーのにおい」がダメになるタイプ。

-------------------------

これらのうちの1つが当てはまる場合や、

複数合わさった症状を示す場合もあります。

まずは家族につわりの症状があって「○○がつらい」

「○○しか食べられない」と正直に話しましょう。

旦那さんに理解してもらえない、と悩む妊婦さんも多いようです。

また職場でも「甘えている」と言われる例もあります。

旦那さんには一緒に産婦人科に行って、

医者につわりとはこういうものである、と説明をしてもらいましょう。

そして会社は、妊婦が悪阻症の診断書を出せば、

適した環境で働かせねばならない義務があります。

どうしても仕事に支障が出そうなときは、

産婦人科で診断書を書いてもらいましょう。

食べづわりの対策~食べ物~

■お米やパンなど消化の良い炭水化物

卵かけごはんやお味噌汁をかけたごはんでも、

流し込むのではなく、ゆっくり噛んで食べてみると良いですよ。

■キャンディ

時間をかけてなめきるようにします。

■お豆腐

のど越しが良く、栄養も豊富でおすすめです。

■おからクッキー

スポンサーリンク

普通のクッキーよりもカロリーが低いです。

■寒天・ところてん・春雨

のど越しが良いので食べ過ぎてしまいがちですが、

食べ過ぎるとお腹がゆるくなる可能性があります。

注意しましょう。

食べづわりの対策~過ごし方~

食べ方をいつもと少し変えてみましょう。

一日三食にこだわらず、一日五、六食にしてはいかがでしょうか。

一回の食事の量を減らせば、つわり中は問題ありません。

飲む水にレモン果汁をたらしてレモン水にしたり、

炭酸水(糖分の入っていないもの)にすると、

口の中がスッキリして多少は気分が晴れます。

炭酸水でいえば、例えば大手スーパーのイオンには

プライベートブランドの炭酸水が、フレーバーが豊富でおススメです。

一本あたりが安いので、全種類試してみて

お気に入りを見つけてもいいですね。

また、大手メーカーからもノーマルな炭酸水の他に

レモンなどの風味付けされたものが販売されています。

気分転換に散歩をするなども良いですね。

筆者は下の子を妊娠中には、

炭酸水を片手に、良く散歩していました。

街のにおいに敏感になっていたので、

マスクの中にガーゼハンカチを仕込んだものを装着していました(^^;

上の子を妊娠中には、パインジュースしか受け付けない時期があり、

しかもずっと口に入れていないと気持ちが悪いので、

パインあめが欠かせない生活をしていました(^^;

また、家事は無理をしないほうが良いです。

家族の食事の支度も無理をせず、

宅配サービスを利用するのも手です。

お金はかかってしまいますが、

あなたの健康に変えられるものはありません。

さいごに

つわり時期、本当につらいですよね。

筆者は主人に自分の状態を話し、

また職場では子持ちの先輩に相談をして乗り切りました。

たくさん迷惑をかけてしまうので気が引けるかもしれませんが、

つわりが終われば挽回すれば良いだけですし(但し無理は禁物!)、

後ろを向いていても前進できないので、

とにかく前向きに先のことを考えて、

気分を上げて乗り切りましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました