パパの育児不参加は子どもに影響する?イクメンにするには?

妊娠・出産・育児

子どもが生まれて、幸せな毎日…

と思いきや、慣れない育児に悪戦苦闘!

何で泣いてるのか分からない!

寝不足できついのに、パパは育児に不参加…。

何とか育児に巻きこむ方法も紹介します。

スポンサーリンク

パパが育児に不参加!子どもに影響ある?

父親が育児に不参加で、子どもに悪影響はないのでしょうか。

幼い子供にとって、主に世話をしてくれる母親は絶対的に必要な存在です。

父親は「外の社会」があることを教えてくれる存在です。

外に働きに出る父親を見て、子どもは自然と外の社会を学ぶのです。

父親は、たまの休みに濃い5分や10分を一緒に過ごしてくれれば十分です。

しかし、ここで注意するのは、

母親が子どもに対して父親の悪口を言わないこと、です。

子どもの前で父親を貶めないことです。

必然的に「絶対」で「一番近い」存在の母親に父親を悪く言われると、

子どもは父親を尊敬しなくなります。

イクメンパパがうらやましい…

周りの『イクメンパパ』ばかりが目について、情けなくなる。

『イクメン』とは、育児する男性のことだそうです。

育児する男性は、つまり父親です。

イクメンという言葉が独り歩きしているように思いますが、

イクメンって、ただの父親のことです。

話がそれましたが、隣の芝は青く見えます。

自分が辛い時、精神的に参っているときなんかは、

余計に青々として見えることでしょう。

どうしてうちの主人は何も手伝ってくれないのか…

泣きやまない赤ちゃんを抱えて、一人でこっそり涙した夜もあるかもしれません。

ここで少し、考え方を変えてみましょう。

相手に求めることより、まずは自分が与えてみるのです。

コレ、実は筆者が実行した方法です。

主人に「いつもありがとう」作戦です。

仕事から帰ってきたご主人に「いつもお仕事ありがとう」と言ってみませんか?

ご飯を残さず食べてくれたら、「作りがいがあるなー。ありがとう」

子どもをあやしてくれたら「あ、今日イチの笑顔だ―☆ありがとう」

露骨にやると気味悪がられるかもしれませんので、

徐々に「ありがとう」を増やします。

あと、父親といえども、指示がないと動けない新人バイトと同じです。

何か手伝ってほしいことがあったら、いちいちお願いします。

スポンサーリンク

「父親のくせに…私だって初めての子育てで分からないことだらけなのに…」

と思うでしょう。しかし、相手は新人バイト。

子育て=母親という思考なので、今は仕方がないです。

子どものお世話の上に父親育てをしなくてはいけないので、大変ですよね。

イライラするし、寝不足できついし。

しかし、言い方ひとつで人は伸びたり折れたりします。

グッとこらえて、「ごめんね、お願い」と手伝いを頼みます。

完璧に出来なくても、「ありがとう!助かったよ!」と感謝の気持ちを伝えます。

苦痛かもしれませんが、トゲトゲしていては誰も気分が良くありません。

少しのことでも、大袈裟に感謝して褒めましょう。

男性は、自信がつけば責任感を持って手伝ってくれます。

最初は、ちょこっと手伝っただけで「俺、イクメン(*^^)v」みたいな

顔をされて、イラッとするでしょう。

少しづつ、出来ることを増やして、父親を育てていくのです。

家事を手抜きする

家事を手抜きする。

家にいるからといって、子どもが生まれる前の時のように家事がこなせる訳ありません。

多少、洗濯物がたまっていようが、食事の用意が遅れたり出来なかったりしようが、

大人は死にません。

最優先は、子どもの世話ですから。

罪悪感に苛まれますか?

きっと、真面目で責任感があって、

全てを背負ってしまう、キチンとしたお母さんなんでしょう。

でも、大丈夫。

ずーっとではありません。

子どもをおんぶ出来るようになったら、

少しづつ家事を進めればいいのです。

それで、もしご主人が「また手を抜いて…」と言うものなら、

ご主人のお休みの日に半日育児を変わってみてください。

それを提案してみてください。「仕事より楽勝なんでしょ?」と。

久しぶりの美容院なんていいんじゃないでしょうか。

帰ってきたら、きっとご主人の考え方が変わっているはずです。

まとめ

筆者も、育児に参加してくれない主人に悩んでいました。

今になると、主人が、参加の仕方が分からなかっただけなのが分かります。

育児は育自。そして、子育ては父親育てでもあります。

誰かに話すだけで楽になることもあります。

皆、同じことで悩んでいるものです。

ストレスは少しずつ発散して、今だけの濃い時間を楽しんでください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました